あれこれ試してわたしが分かったこと〜お医者様に頼るってダイジ〜

あれこれ試してわたしが分かったこと〜お医者様に頼るってダイジ〜
MENU

あれこれ試してわたしが分かったこと〜お医者様に頼るってダイジ〜

私が毛穴の黒ずみや開きについて悩み始めたのはちょうど20歳位の頃でした。

 

私が毛穴の黒ずみや開きについて悩み始めたのはちょうど20歳位の頃でした。
高校を卒業して大学に行かず就職することを決め、初めて社会に出るにあたり『化粧』というマナーをしなければならないということが分かった頃です。
高校は厳しいところだったので高校生活での化粧は禁止というルールがありました。
もっとも、その頃は肌の状態も良かったし、化粧にかけるお金もなかったので特に私生活でもすることはありませんでした。
そんな感じで初めて化粧をする事になった訳ですが、教科書もなければ教えてくれる人もいなかった為、初めは100円ショップですべてを済ませていました。
化粧の仕方もわからなかったので化粧水や下地も付けず、直に肌にファンデーションを塗っていたのです。
今となってはこれが大きな間違いだったと気づく訳ですが…。

 

そんな生活を続けていたらすぐに肌が荒れ始めました。
女性ホルモンの関係もあって、ニキビやら毛穴やらがもう荒れ放題です。
ネットで検索したらいちご鼻はオロナインが効く!やら歯磨き粉でこする!などありますがとんでもないです。
余計ひどくなりました。

 

結論から言いますと、わたしは皮膚科に行って薬を貰って治療をしています。(美容皮膚科が近くに無かった為ふつうの皮膚科ですが、十分良いお薬が頂けました)
いろいろ試しましたが、これが最終論だと思います。
高い化粧品や洗剤を買っていろいろ試すより、診察料のほうが全然安く済みます。
あとは化粧をしっかりと落とすことだと思います。落ちたと思っていても全然落ちていないケースも結構多いです。
お医者様はちゃんと勉学されています。こういうのは専門家に頼るのが一番だと実感しました。

このページの先頭へ